<![CDATA[環境でサスティナブル社会に貢献します|グローバル・エコロジー - Blog]]>Wed, 29 Jun 2022 15:29:07 +0900Weebly<![CDATA[『連載⑧』 【洗浄は必要不可欠】]]>Wed, 29 Jun 2022 03:52:28 GMThttp://global-eco.nagoya/blog/8
『連載⑧』

【洗浄は必要不可欠】

洗浄はなぜ必要か?

1. 次の工程がストップしてしまう
2. 見た目も重要


●機械加工部品の場合

材質は鉄系もあり非鉄金属系もありますが、母材を精度の高い形状加工や穴加工、タップ加工などが加えられます。
各工程で洗浄がおこなわれます。
仕上げ加工時に前工程で付着した大きな接紛などがあると、仕上げ加工がうまくいきません。


出来る限りワーク表面は清浄度が高い方がよく、洗浄によって品質と加工精度が保たれます。
洗浄は必要不可欠
​ 
『連載⑨』へ続く…
]]>
<![CDATA[『連載⑦』 【粒子汚れ、有機汚れ、無機汚れ】]]>Tue, 31 May 2022 15:00:00 GMThttp://global-eco.nagoya/blog/7
『連載⑦』

【粒子汚れ、有機汚れ、無機汚れ】

産業洗浄では、金属や切削油などの汚れもあり、汚れが付着しているワークの材質と付着汚れの組み合わせは様々で、効率よく洗浄するために『洗浄技術』があります。


●粒子汚れ(個体粒子)

粉体の汚れで、空気中の塵埃なども含みます。
静電気を帯びやすい電気絶縁性のワーク表面の静電汚れも粒子汚れのひとつです。

例:大気汚染物質、塵埃、バクテリア、藻類、フラックス、研磨剤、ラップ仕上げ残渣など


●有機汚れ(有機化合物)

油分やハンダフラックス、離型剤などの有機物からなる汚れです。
産業洗浄では最も多く目にする汚れです。

例:切削油、グリース、熱処理油、離型剤、剥離剤、ピッチ、液晶、ハンダフラックス、研磨剤、ラップ仕上げ残渣


●無機汚れ(金属・金属塩)

無機物の汚れで、金属表面の酸化膜なども含まれます。
汚れとワーク表面の付着力が強いため酸洗浄やアルカリ洗浄、電解洗浄などが必要。

例:乾固した金属塩類、サビ、酸化膜、ロウ付けフラックス、研磨剤、ラップ仕上げ残渣など


汚れを3つに分けましたが産業洗浄の汚れは、それぞれの汚れが混ざり合い複合汚れとなることが多く、汚れの実体を見極める洗浄技術が必要となります。
粒子汚れ、有機汚れ、無機汚れ
​ 
​『連載⑧』へ続く…
]]>
<![CDATA[木材・木製品のカビ・汚れを洗浄除去、日焼けまでも…【環境対応型特殊洗浄G-Eco工法】]]>Thu, 26 May 2022 15:00:00 GMThttp://global-eco.nagoya/blog/g-eco1507930
をYouTubeへアップしました。
]]>
<![CDATA[環境対応型洗浄G-Eco工法でフローリングのタイヤ痕をあっという間に除去]]>Sun, 15 May 2022 15:00:00 GMThttp://global-eco.nagoya/blog/g-eco8150431
環境対応型特殊洗浄G-Eco工法の施工販売店さんが、フローリングに付着したタイヤ痕の洗浄施工をされました。
タイヤ痕を素材や環境に影響を与えることなく、汚れのみを除去する環境対応型特殊洗浄G-Eco工法。

洗浄は化学です。

物理的な力や溶解力のある溶剤に頼ってしまいがちですが、フローリングの素材はどうなりますか?張替えですか?

環境対応型特殊洗浄G-Eco工法では強い薬剤は使用しません×
高圧洗浄や研磨で素材を削ることもしません×
独自の製品G-Ecoシリーズ環境対応型洗浄剤を使用し、汚れにあった洗浄剤で汚れのみを除去します。
素材や環境は勿論、作業者にも配慮しているため、安心安全です。
フローリングに付着したタイヤ痕を環境対応型特殊洗浄G-Eco工法で除去
​ 
​安心安全な環境対応型特殊洗浄G-Eco工法は全国で施工が可能です。
しっかりとG-Eco工法の研修を受けたお近くの施工販売店様が駆け付けます。
無料出張デモンストレーションも承っていますのでお気軽にお声がけください。
]]>
<![CDATA[『連載⑥』【湿式(ウェット)洗浄】]]>Thu, 05 May 2022 15:00:00 GMThttp://global-eco.nagoya/blog/6
『連載⑥』

【湿式(ウェット)洗浄】

汚れが被洗浄物表面から除去される現象を2つに分けると『溶解』と『剥離』です。
「溶剤系洗浄剤による油汚れの除去」、「酸性洗浄剤によるサビの除去」などが『溶解』になります。
「固形物の除去」、「水系洗浄剤による油の除去」などが『剥離』になります。

水系洗浄剤においては、界面への吸着、界面張力の低下、湿潤(ぬれ)、浸透、乳化、分散、可溶化など様々な機能が総合的に働き効果を発揮し汚れと洗浄物の界面へ働きかけます。
​ 
湿潤と浸透は洗浄の第一段階であり、
​小さい表面張力が湿潤を促進させます。
『連載⑥』【湿式(ウェット)洗浄】
​ 
​『連載⑦』へ続く…
]]>
<![CDATA[『連載⑤』【洗浄とは?】]]>Wed, 13 Apr 2022 15:00:00 GMThttp://global-eco.nagoya/blog/5
 『連載⑤』

【洗浄とは?】

ここでの『洗浄』とは、住宅や構造物などの洗浄ではなく『産業洗浄』という視点で記載していきたいと考えています。

一般的に洗浄は、汚れを落とす技術と認識をされていますが、産業洗浄ではもっと創造的に「洗浄とは表面にあるものを取り除くことによって、物本来の性能を引出したり新たな創造に役立てる技術」と捉えることができます。

洗浄は、物の表面と汚れとの間に引き付け合っている力が働いており、その力以上に汚れを引きはがしたり、溶解除去をおこないます。

モノと汚れの接する界面や物理などの技術分野の知識が活用されます。


産業洗浄の主な目的

①製品や部品の機能性や性能の向上

②製造の次工程への橋渡し役

③物の外観の向上

④品質や信頼性の向上

⑤次工程の作業性の改善や性能の強化
​ 
洗浄は洗浄液の作用と物理力の共同作業で汚れを除去し、
​被洗浄物の新たな未来を切り開く技術です。
切削加工
​ 

​ 
​『連載⑥』へ続く…
]]>
<![CDATA[環境対応型特殊洗浄G-Eco工法でコンクリートブロック(CB)塀、石積洗浄・コーティング施工の動画をYouTubeへアップしました]]>Mon, 11 Apr 2022 15:00:00 GMThttp://global-eco.nagoya/blog/g-ecocbyoutube
環境対応型特殊洗浄G-Eco工法でコンクリートブロック(CB)塀、石積洗浄・コーティング施工の動画

【環境対応型特殊洗浄G-Eco工法】コンクリートブロック・石積洗浄・コーティング施工【エフロレッセンス(白華)・水垢・サビ・カビ除去】

をYouTubeへアップしました。

​カビ、サビ、水垢、エフロレッセンス(白華)などの複合汚れを素材や環境に影響を与えることなく、汚れのみを除去する環境対応型特殊洗浄G-Eco工法。

​ 

​安心安全な環境対応型特殊洗浄G-Eco工法は全国で施工が可能です。
お近くの研修をしっかりと受けた全国の施工販売店様が駆け付けます。
無料出張デモンストレーションもおこなっていますのでお気軽にお問い合わせください。
ご自身の目でお確かめください。
]]>